クラウドマイグレーションの利点と欠点

クラウドマイグレーションは万能なコスト削減術と考えられていますが特徴をしっかり掴んでおかないと移行に失敗するケースが多いので注意が必要です。
クラウドマイグレーションの利点はコスト削減と保守要員の削減です。

コストについてはサーバ側はハードウエア、ソフトウエアの双方のバージョンアップ費用、電気代、サーバ修理費、そして保守を行う人員です。
これらはすべてクラウドへ移行することで必要なくなります。

独自性の高いクラウドマイグレーションの便利な情報を集めたサイトです。

ただし、クラウド側でさらに詳細に管理したい場合などには人員を配置する必要があるケースも多いです。

また、コストについては設定しだいで現状よりも高くなるケースがあるので注意したいところです。


クラウドマイグレーションの欠点としては手元にサーバが無いことです。

手元にあればこそ、詳細な設定が可能なケースが多く、また、障害時にも予備サーバからすぐに復旧できるともいえます。
クラウドでの障害時復旧は早いですが、サーバを直接いじれるわけではないのでクラウド側での不調がある場合は対応できません。



ただし、多くのクラウド事業者ではクラウド側での障害発生はハードウエアの故障率よりもかなり低くなっています。

livedoorニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

また、サーバはセキュリティで守られているとはいえ、データをクラウドにアップすることになりますのでセキュリティ的には細心の注意が必要になります。

クラウドマイグレーションはさまざまな案件で利点と欠点が天秤にかけられることになりますので、事例ごとに適切な対応が求められます。